本当にあった着物の話

着物に使われる様々な柄を知ってみたい

着物の柄には麻の葉や松皮菱、むじな菊、籠目、鱗など様々な文様があり、おめでたい文様は吉祥文様と言われ、それぞれ由来や願いを持っています。麻の葉は、その名前の通り麻の葉を模した幾何学柄で、型染めや絞り染めで着物や帯に染められるほか、麻は成長するのが早いので子供の衣類にもよく用いられます。松皮菱はひし形の変形で、その形が松の皮によく似ていることから名づけられ、連続模様のみならず単独で紋に入れることもあります。むじな菊は、菊柄の変形で、穴熊と呼ばれるむじなの毛に似ていることから名づけられた柄で、主に型染めに使用され、単色染めの場合でも艶やかな印象になるため、女性の着物に向いています。籠目は、籠の編み目を文様に写したもので編み目も三角形や四角形、六角形など種類も色々あります。鱗は三角形の連続模様のことを言い、大きな鱗模様の中に柄を入れたりするなどバリエーションに富みます。主に織り柄や型染に用いられます。